キャンピロバクター感染症

2016.01.20 Wednesday
0
    JUGEMテーマ:わんこ

    キャンピロバクターが、感染犬の糞便から口に入ることにより感染します。
    人にも感染し、腸炎をひき起こす原因となる、人畜共通感染症です。

    【症状】
    下痢、発熱、腹痛、嘔吐などが起こります。適切な治療を行えば回復は早まります。

    【治療】
    抗生物質を与えるほか、輸液、下痢止めなど、症状に応じて対症療法を行います。


    瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)

    2016.01.20 Wednesday
    0
      JUGEMテーマ:わんこ

      犬や猫の体内に多い条虫が、ノミなどを介して口径感染します。
      犬・猫の体内に多い条虫。
      条虫の卵を、ノミの幼虫がやハジラミの成虫が食べるため、中間の宿として、条虫はノミやハジラミの体内で発育します。
      犬や猫はノミから条虫が経口感染し、人間にも経口感染でうつることがあります。
      まずペットへの感染を予防することが大切です。
      感染している犬や猫を駆虫すること、また、中間宿主となるノミやハジラミを駆除することです。
      条虫は、卵を便中に産まないので糞便検査では検出されません。
      ただし、排泄された便の表面に、キュウリの種のような寄生虫体の一部が見られたら駆虫する必要があります。
      この中に卵が入っているからです。
      動物病院へ行くときは、便の表面についた寄生虫体の一部を、乾燥しないように持っていき、瓜実条虫の体節であることを確認してもらうことです。



      ★予防するには
      ・動物の体に蚤やハジラミを寄生させない
      ・蚤をつぶさない。もしつぶしたら手をよく洗う


      レプトスピラ病

      2016.01.20 Wednesday
      0
        JUGEMテーマ:わんこ

        犬レプトスピラ菌が原因。ネズミによって伝播され、ネズミの尿に汚染された、水や土壌に触れて感染します。これも人にうつる、人畜共通伝染病の一つです。

        【症状】
        感染後7~14日で発病し、発熱、筋肉痛、粘膜の充血が起こります。
        「出血型」は消化器や泌尿器に異常がみられ、嘔吐、血便、尿の異常が起こります。
        「黄疸型」は「出血型」よりも症状が激しく、急死する場合も多いようです。
        症状をみせない「不顕性型」もあります。

        【治療】
        抗生物質の投与。同時に輸液、強肝剤、利尿剤なども投与します。

        【治療・予防】
        症状が進まない早いうちに、原因となった傷口部分を組織ごと取り除き消毒します。
        その後、傷口と全身にペニシリンを投与し、菌の毒素を中和する血清を注射します。
        土のある場所でケガをしたら、どんなに小さな傷でも、オキシドールで十分な消毒をしましょう。


        疥癬(カイセン)

        2016.01.20 Wednesday
        0
          JUGEMテーマ:わんこ

          ダニの仲間。異常にペットが痒がっていたら気をつけましょう。
          カイセンは、動物の皮膚に寄生するとても小さな寄生虫で、ダニの仲間です。
          カイセンが寄生すると、ペットたちは非常に痒がり、感染している部分の皮膚は、ガサガサとして、ふけのようなものができ、慢性化すると、象の皮膚のようにごわごわと厚くなります。
          動物病院で適切に治療すれば退治できます。
          また、感染しているペットを抱いたり、ペットと一緒に寝ることで人に感染することもあるので注意が必要です。

          ★予防するには
          ・ペットとは同じ布団の中で一緒に寝ない
          ・ペットが異常に痒がっているときには、動物病院で診断を受ける


          一般細菌感染

          2016.01.20 Wednesday
          0
            JUGEMテーマ:わんこ

            ペットの皮膚が化膿していたり、異状を見つけたら要注意です。
            ペットの皮膚が化膿していたり、細菌性の皮膚病にかかって細菌感染していたら、動物である人間にも感染する可能性があります。
            人間だから関係ない、なんて思っていたら大間違いです。
            どの細菌が動物に感染する細菌で、どの細菌が人間に感染する細菌といったように、動物に感染する細菌と人に感染する細菌を区別することは難しいのが実情です。
            もしペットが細菌性の疾患にかかっていたら、疾患の部分にかなりの量の細菌が存在するので、注意が必要です。
            乳幼児やお年寄り、病中病後のように体力の落ちているときには特に注意が必要です。



            ★気をつけたいこと
            ・ペットの世話するときには、汚物に直接触らない
            ・汚物はできるだけ早くかたずけること
            ・捨てることができないものの場合は、消毒薬で消毒することが必要な場合もあります。専門家の指導を必ず受けること
            ・世話をしたあとで、手をよく洗うこと、特に、料理をする前には十分に手を洗ってください。薬用せっけんで洗うことをおすすめします。


            真菌症(しんきんしょう)

            2016.01.20 Wednesday
            0
              JUGEMテーマ:わんこ

              たかがカビと甘く見てはいけません。ペットの皮膚がおかしいなら要注意です。
              真菌はカビのことです。
              真菌には、大きく分けて、糸状菌と酵母があります。
              人間にとって気をつけたいのは、皮膚糸状菌感染症です。
              これは、水虫と同じ仲間の菌が感染して起こる病気で、動物の場合、人間の足などを中心に起こる水虫と異なり、体のどの部分にでもでてきます。
              円形の皮膚病変、特に病変部の周囲がリング状に少し盛り上がっていると、糸状菌に感染した可能性があります。
              動物の場合、それほど病変部は、はっきりしていないのに、良く調べると、全身に糸状菌が感染していることもあります。
              また、糸状菌とは別に、酵母菌に属する菌の感染もチェックが必要です。
              真菌症は、治療が難しい病気ではありませんが、皮膚に異常が見られなくなっても、真菌の感染が完全になくなるまで、治療を続けることが必要です。



              ★予防するには
              ・動物の皮膚がおかしいと思ったら、まず動物病院でチェックしてもらいましょう。
              もし感染していたら、体力のない乳幼児やお年寄り、病中、病後の方は、そのペットと接触するのを避けましょう。


              カンピロバクター症

              2016.01.20 Wednesday
              0
                JUGEMテーマ:わんこ

                犬や猫の体内にいる細菌により、食中毒のような症状を引き起こします。
                犬やネコの腸内にいることがある細菌に、カンピロバクターがあります。
                カンピロバクターに感染しても、犬や猫に、感染したことがわかる症状が表れません。
                ただし、この細菌がいったん人間の体内に入ると、重い食中毒症状を起こすこともあり、特に、乳幼児に感染すると大変です。

                ★予防するには
                ・犬やネコの糞便は、すぐに始末すること
                ・糞便で、汚れた所は、きれいに洗い流す
                ・食事の前にはよく手を洗う
                ・ペットと遊んだ後は、よく手を洗う
                ・食事を作るときには、よく手を洗う
                ・食事は生ものより、加熱した料理を
                ・食事をする部屋には、ペットを入れない


                蚤(のみ)

                2016.01.20 Wednesday
                0
                  JUGEMテーマ:わんこ

                  人間にも感染します。ノミは体長2mmほどの昆虫です。
                  成虫だけが寄生性で、幼虫やさなぎは周囲環境で発育します。
                  犬に及ぼす害として、刺咬(しこう)による直接的な害のほか、刺咬が原因となっておこるアレルギー性皮膚炎があります。ノミによるアレルギー性皮膚炎は夏から秋に多くみられ、腰背部や尾根部などに好発し、激しい痒みを伴います。
                  子犬にくらべて成犬での発症が多いです。
                  とてもポピュラーな寄生虫です。
                  ノミが血液を吸うと痒くなります。
                  またノミのだ液によるアレルギー反応で、ノミアレルギー性皮膚炎を起こすこともあります。
                  消化管内寄生虫の瓜実条虫の中間的な宿にもなるので、適切な駆除をしなくてはなりません。
                  よく犬ノミは人間を刺さないとか、猫ノミは刺さないという言われることもありますが、これは大間違いです。
                  犬ノミも猫ノミも人間に感染します。
                  動物と接触した後に、蚊に刺されたものよりも赤っぽく腫れ、痒みが強く長く続いているときは、ノミが原因のことが多いといえます。



                  ★予防するには
                  ・ノミを駆除する(ノミ取り粉、ノミ取りシャンプー、ノミ取り首輪など)
                  ・部屋をいつもまめに掃除機をかけること(ノミの卵は室内でふ化し、幼虫、さなぎを経て成虫になる)
                  ・投薬


                  パスツレラ症

                  2016.01.20 Wednesday
                  0
                    JUGEMテーマ:わんこ

                    動物にかまれたり、引っかかれたり、なめられて感染します。
                    パスツレラ菌を持っている動物にかまれたり、引っ掻かれたり舐められたりすることで感染し、感染後、数時間で感染した部位が赤く腫れ、激しい痛みが起こる病気です。
                    炎症が深部まで達すると、その部分の組織が壊死することもあります。
                    多くの場合、風邪に似た症状を起こします。
                    ほ乳動物の中には、この菌をいつも口の中にもっている動物もいて、動物自身は症状が出ていないということもあるので、不用意に動物に舐めさせたりしてはいけません。
                    また、動物にかまれたり引っ掻かれたりしたら、適切な治療を行うことが必要だということを覚えておいてください。


                    ヒト犬糸状虫症(ひといぬしじゅうちゅうしょう)

                    2016.01.20 Wednesday
                    0
                      JUGEMテーマ:わんこ

                      犬のフィラリアが人間に感染して引き起こします。
                      犬の体内にいる一般的な寄生虫、犬糸状虫(フィラリア)が人間に感染することで起こることがある病気。
                      犬糸状虫は、直接、犬などの動物から感染しません。
                      犬と犬の間であっても、直接感染せず、蚊が、動物から動物に病気の媒介となって感染します。
                      人間の場合、犬とは種類の異なる動物なので、犬糸状虫は感染しないはずなのですが、まれに感染することがあります。



                      ★予防するには
                      ・蚊に刺されないようにすること。山野では長袖のシャツと長ズボンを着用して肌の露出を防いだり、蚊よけスプレーなど利用する
                      ・蚊そのものが発生しないよう、たまり水を放置しない
                      ・犬のフィラリアを予防して、犬がフィラリアに感染しないようにする
                      ・蚊が出始めるころから、蚊がいなくなるころまで、犬がフィラリアにかからないよう予防薬を服用させる


                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      2008JUGEMキャラコングランプリ
                      キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」