愛犬には脂肪分の燃焼が必要です。

2016.01.16 Saturday
0
    JUGEMテーマ:わんこ

    愛犬の健康を本当に考えたとき、多くの愛犬が実は食べすぎていることが気になっていました。
    犬は動物ですから、本能的に、必要な栄養素が不足するとどんどん食べ過ぎるぐらい食べて太ってしまいます。
    太ると健康を損ないやすくなるのは、人も犬も同じです。

    最近、本当に肥満の犬が増えています。
    肥満は健康とは言えません。
    肥満の飼い犬が増えている理由は、多くの場合、低品質でバランスの崩れた、そして炭水化物にかたよったドッグフードに原因があります。

    犬にとって健康な食事というのは、脂肪分が多く・炭水化物は少なめ、そして野菜です。
    猫は犬に比べてタンパク質を多く必要とする以外、必要な栄養は同じです。

    「脂肪分=肥満」と考えて、それを控えることこそが、愛犬の肥満の解消につながると考えておられる方も多いようです。
    先に答えだけ言ってしまいますが、それは非常に大きな間違いです。
    悪くすれば、逆に愛犬の健康を損なう肥満へとどんどん導いていってしまいかねません。

    犬と私たち人間では、脂肪分の代謝の仕方が違います。
    犬は、エネルギーを作るために脂肪分の燃焼が必要です。

    脂肪分の多い食事により、スタミナ増加や熱中病・熱疲労・低体温症の予防ができます。
    激しい運動時には水分保持を助け、より効率的なエネルギー利用ができるようになります。
    また、炭水化物と比べて脂肪酸の燃焼が少ないので、運動中の呼吸も楽になります。
    よって、血液中の二酸化炭素も減少します。

    犬や猫は、脂肪分の多い食事によって体重が増えることはありません。
    しかし炭水化物の多い食事では体重が増えます。

    もう一度、繰り返しますと、犬は脂肪分をエネルギー生産のために使います。 
    犬は、炭水化物を燃焼すると乳酸が作られます。
    乳酸は、乳酸塩と酸でできています。
    酸はpH値を下げ、脂肪分を分解する酵素をブロックしてしまいます。
    乳酸塩はグルコースを作り、グルコースはさらに酸を作り出します。
    グルコースによって作られた酸はさらにpH値を下げ、脂肪分の燃焼を減少させます。

    このような脂肪分の燃焼を阻止するような代謝によって、体内は炭水化物をもっと燃焼させようとし、このサイクルを繰り返します。
    よって、炭水化物を燃焼させるサイクルに入ってしまった動物は、必要以上に脂肪分をため込むことになります。
    市販のドッグフードのほとんどは、炭水化物の比率が50%以上あります。ときには50%を大きく上回ります。

    もちろん、動物も炭水化物を食べる必要はあります。
    しかし、最近のほとんどのドッグフードに入っている量は、必要量を上回ってしまっています。

     「完璧な食材」が使われていれば、例えば、ひきトウモロコシ[Ground Corn]、米[Rice]、オートミール[Oatmeal]などが使われていれば、そのドッグフードは悪くないレベルだと考えても良いでしょう。
     
    また、メーカーが、炭水化物を分割してつくられる増量材(ぬか、グルテンなど)を使った場合には、炭水化物の量は原材料の大部分をしめることになってしまいます。
    さらに、増量材を使ったフードというのは低品質の材料を使用していることになり、ペットの健康を一番には考えていないことになります。



     


    「愛犬の肥満は飼い主の責任」です。

    2016.01.16 Saturday
    0
      JUGEMテーマ:わんこ

      愛犬はかけがえのない家族の一員です。
      家族の一員となったことで、昔とくらべ、愛犬の生活環境は格段によくなりました。
      嬉しいことに寿命も格段にのびてきています。
      しかし、それにともなって、”生活習慣病”といえるような疾患が出てきているのも事実です。
      犬の三大成「犬」病なるものを定義するなら、ガン・心臓病・糖尿(肥満)となるでしょう。
      加えて、今後心配されるのは、認知症の増加です。

      糖尿病を例にとってお話しましょう。
      現在、犬の死因は、主なものとして、ガン・心臓病(フィラリアを含む)・腎臓病・脳障害となっています。
      心臓と腎臓とは病気の上で非常に密接な関係にあります。
      糖尿病は死因にはあげられていませんが、間接的な要因にはなっています。
      糖尿病になると血管がボロボロになりますから、心臓や腎臓などなど体中に悪影響が出てきます。
      血管が傷害されると脳にも障害が出ます。合併症と呼ばれるものです。
      これらの見識については、人の糖尿病でよくご存知だと思いますが、糖尿病が起こるメカニズムは人でも犬でも同じです。糖尿病といえばすぐ思い浮かぶのは肥満です。
      ですから、犬でも人と同じように、食事には気を使っておかないといけません。
      しかしながら、特に認識しておいてもらいたいのは、愛犬に食事を与えるのは飼い主だということです。

      「愛犬の肥満は飼い主の責任」です。



      愛犬の健康管理

      2016.01.16 Saturday
      0
        JUGEMテーマ:わんこ

        肥満についてもう少し詳しく説明しましょう。
        肥満の原因には、「環境要因」と「遺伝的要因」と言われるものがあります。
        環境要因というのは、生活習慣・食生活などが引き金となって生じるものです。
        食べ過ぎ(脳障害による摂食異常もある)、運動不足、ストレス、避妊手術による影響(ホルモンバランスの変化)、高脂肪食・高エネルギー食などです。

        一方、遺伝的要因というのは、遺伝子の中には糖分を取り込んだり、取り込んだ栄養を代謝したりする遺伝子というものがあり、
        その遺伝子が人でも犬でも個体差があるために生じるものです。
        つまり、栄養の取り込みや代謝には遺伝子レベルで違いがあり、「太りやすい体質」や「やせにくい体質」といったものが遺伝子レベルで分かるようになってきています。

        ただよく誤解されるので、次のことは強調しておきます。
        遺伝レベルで「太りやすい体質」や「やせにくい体質」であることが判明しても、あきらめる必要はないということです。
        あらかじめ体質を知っておけば、”予防”することが十分に可能です。
        愛犬に食事を与えるのは飼い主です。
        体質にあった必要な栄養素をきちんと与えてあげるといった愛犬の健康管理を行うことで、愛犬には人間以上に効果的な”予防”が可能となります。
         

        肥満を例にとってもそうですが、愛犬のこれからの健康管理では、「予防」がますます大事になってきます。
        そのポイントは大きく2つあります。

        1つは、「食は健康の基本」ということです。
        原材料の質のよいもの、必要な栄養が満たされているものです。
        必要な栄養が満たされないと、不足している栄養分を取ろうとして食べる量が増えます。

        もう1つは、もって生まれた愛犬の大切な体質をよく知るということです。
        その体質にあった健康管理を目指すということです。



         


        食物アレルギーを診断する方法

        2016.01.16 Saturday
        0
          JUGEMテーマ:わんこ
           

          食物アレルギーを診断方法についてお話しましょう。


          皆さんの愛犬の食物アレルギーを正確に調べるには、まず診断によってその他の可能性を全て取り除く必要があります。
          類似のアレルギー(呼吸アレルギー、ノミアレルギー、接触アレルギー、細菌アレルギーなど)や、一般的な下痢の原因を全て取り除きます。

          そして12週間ほど、蒸留水と低刺激性の食事を与えます。
          (その動物が普段は食べていないオーガニック食材を使った食事です)
          このテストの期間中は薬剤を与えません。
          なぜなら、薬剤が反応の原因である可能性もあり、また薬剤の作用がアレルギー反応を隠すこともあるからです。
          この期間が過ぎた後、以前の食材を一つずつ戻します。
          このときオーガニックの食材を使うことが重要です。
          というのは、化学薬品や低品質のフードに反応していたのかもしれないからです。


          3日たってもアレルギー反応がない場合、その食材へのアレルギーはないと判断してよいでしょう。
          反応があった場合は、すぐにその食材を与えるのをやめ、反応がなくなるまで一定期間おきます。
          反応がなくなればテストを再開します。

          不思議なことに、以前の全ての食材をもう一度与えてもアレルギー反応が出ないことがほとんどです。
          これはなぜでしょう?


          答えは簡単です。
          食材をひとつひとつ食事に戻すとき、高品質な食材を使用するからです。
          これは、動物が「食材自体」にアレルギー反応を起こしているのではなく、その食材の「品質」に反応していた証拠です。


           



          犬が食べないように注意するもの

          2016.01.17 Sunday
          0
            JUGEMテーマ:わんこ
             

            観葉植物・野生植物

            植物は摂取部位、摂取量により、また犬種による固体差によって危険度が変わります。
            一般に知られる薬草となる植物でも摂取量によっては中毒を起こす場合があります。
            室内飼いの場合、犬が届くところにあると葉などを食べてしまう可能性があります。
            毒性のある植物は最初から置かないか、どうしても置きたい場合は、犬の届かないところに配置してください。
            散歩時は自生している野草を口にしそうになったら注意してあげてください。



            薬品類(人間用)

            誤飲の恐れがあるところに置かないよう注意しましょう。
            落としたら放置せずにすぐに片付けてください。
            サプリメントも同様にしっかり管理しておきましょう。



            タバコ

            ニコチン中毒を引き起こします。
            下痢、嘔吐、脈拍低下、副交感神経作動作用を伴う神経興奮、麻痺の可能性があります。



            マイコトキシン(カビ類より)

            ペットフードやその他の食物に発生するカビが生産する有害物質の総称で、現在100種類以上のマイコトキシンが報告されています。
            発がん性のあるものから腎毒肝毒性をもつ物まで多種多様です。


            ボツリヌス菌(腐敗食品などより)

            ボツリヌス菌が食品に付着、増殖して神経毒素を産生し、この神経毒素で汚染された食品を経口摂取することで惹起される毒素型の細菌性食中毒です。
            腐った肉や加工していない肉などが汚染されている事が多く、摂取すると麻痺が見られます。
            以前は致死率が高かったですが、最近は治療が発達しました。



            昆虫(ハチ、クモ、ムカデ、マダニ)

            ハチの場合刺されて死亡するケースは稀ですが、蜂毒でアナフィラキシーショックを起こす可能性があります。
            クモの場合毒が致命的になるケースは稀ですが、痛み、腫れ、嘔吐、麻痺、痙攣などの症状が現れ場合があります。
            ムカデの場合毒性は弱いですが、局部の激痛と腫れをおこします。
            夜行性なので夜の散歩には注意して下さい。
            マダニの場合は吸血行為によりライム病(人獣共通感染症のひとつ)を媒介します。



            ヒキガエル

            有毒のカエルです。毒(ブフォトキシン)が体内に入った場合には、神経異常、粘膜充血、呼吸促迫、嘔吐、流涎、頭を振るなどの症状が出ます。
            神経障害、視力障害、心不全などを起こすこともあります。
            重症になると死亡することもあります。



            フグ

            フグ毒のテトロドトキシンは青酸カリの850倍の毒性があり、テトロドトキシンは麻痺毒であり、摂取した場合には嘔吐、
            麻痺、痙攣、呼吸困難などを起こします。
            麻痺が起こると24時間以内に死亡する可能性があります。
            釣り場などで捨てられているクサフグなど注意してください。



            毒キノコ

            不明種が多いので、特定が出来ません。
            自生している物は食べさせないで下さい。
            嘔吐、下痢、腹痛、元気消沈、黄疸、運動失調、発作、昏睡が見られます。
            中には死に至るものもあります。





            を過剰摂取すると、胃や消化管に刺激がみられます。
            壊死、穿孔、腹膜炎などを起こします。サプリメントの過剰摂取や誤飲に注意。





            歯の生え変わり時期の幼犬が、鉛を含有する塗料などを咬んだ場合などに発生することがあります。
            吐気、嘔吐、腹痛、食欲不振、便秘などの胃腸障害、運動神経障害、知覚神経障害がみられます。
            確定診断が難しい中毒です。



            あせび(馬酔木)

            ツツジ科全般に有毒性の植物が多く存在します。
            殆どの犬は滅多に口にする事はありませんが注意は必要です。
            嘔吐、流涎、沈衰、蹌踉、四肢開張、知覚過敏などがみられます。

             



            犬に与えてはいけない食品

            2016.01.17 Sunday
            0
              JUGEMテーマ:わんこ
               

              ネギ、タマネギ、ニラ、ニンニクの類

               ネギ類に含まれるアリルプロピルジスルファイドという成分によって赤血球が破壊され、溶血性貧血が引き起こされます。
              中毒症状としては、下痢や嘔吐、血色素尿(紅茶のような色の尿)の排泄、黄疸、歯茎が白くなるなどの症状がみられます。
              この成分は加熱によっても破壊されず、スープや煮汁に溶け出すので、見かけ上これらの野菜が入っていなくても注意が必要です。
              中毒量にはイヌ・ネコも個体差がありますが、体重1kgあたり15~20gと言われています。
              微量でも反応する子や多少食べても平気な子もいます。
              基本的には与えないに越した事はないでしょう。



              カカオ(チョコレート・ココア)

               カカオに含まれるテオブロミンという物質によって中毒症状を起こし、嘔吐・下痢・動悸・興奮・ふるえ・昏睡・けいれん・多尿などの症状が出ます。
              カフェインと似た構造をもちます。


              カフェイン(コーヒー・紅茶)

               犬がカフェインを摂取すると、チョコレート(カカオ)と同じような症状が出ます。
              カフェインを含有する、紅茶やコーヒー、ココアなどは与えないようにしてください。


              ジャガイモ(芽・表皮)

               ソラニンというステロイドアルカロイドが含まれます。
              特に家庭菜園などの小型には含有量が多く注意が必要です。未成熟なトマトにも含有されます。



              生の豚肉
               
              生の豚肉には、トキソプラズマ原虫やアニサキスなどの寄生虫がいる可能性があります。
              加熱調理が必要です。



              魚介類(エビ、カニ、イカ、タコ、貝類)
               
              生の魚介類の内臓には、ビタミンB1を破壊するチアミナーゼという酵素が含まれている可能性があるため、ビタミンB1欠乏症になる恐れがあります。
              この酵素は熱によって破壊されるので、過熱してあれば問題ありません。
              しかしこのような食べ物は、加工していない場合消化が悪いため、胃腸に負担がかかり下痢や嘔吐の原因になるので、与えないほうがよいでしょう。



              鳥、魚などの硬い骨
               
              骨が裂けた部分が尖って、内臓や消火器にささって傷つける場合があります。
              火を通していない生の状態なら、表面が滑らかで大丈夫なようです。
              火を通した魚の骨なども、注意した方がいいでしょう。



              生卵の白身
               
              卵白に含まれるアビジンという物質によってビオチン欠乏症になり、皮膚炎、食欲不振、疲労・脱毛といった症状が出ます。
              黄身をいっしょにあげれば、この症状は出ません。
              また加工されていれば問題ありません。


              人間用に調味した食べ物すべて
               
              塩分、糖分その他ペットには必要のない成分がたくさん含まれています。
              最後に辛いのはペットです。欲しがってもあげないのが優しさです。



              塩分
               
              犬は汗をほとんどかかないので、体内の塩分の調整ができません。
              人間用に調味した食べ物や、ポテトチップスなどの塩分の高いものは与えないようにしてください。
              ミネラル分を補給するためにドッグフードに微量配合されている天然塩は問題ありません。



              糖分
               
              犬はおかしやケーキなどの甘いものが大好きなので欲しがりますが、糖尿病や肥満の原因になりますので与えないようにしてください。
              人間用に調味した食べ物は与えないでください。


              香辛料
               犬は香辛料が好きではありませんし、栄養的にも必要ありません。
              下痢をする可能性もありますし、胃を刺激し肝臓や腎臓に悪影響を及ぼす可能性がありますので与えないようにしてください。



              乳製品(人間用)
               
              犬は、牛乳に含まれるラクターゼという酵素を持っていませんので、消化不良による下痢が起こる可能性があります。
              同じ理由でヨーグルトもお勧めできません。
              チーズは嗜好性が高いですが、人間用は塩分が高いのであげないで下さい。
              どうしても給餌したい場合は犬用の物を利用して下さい。
              ただし犬用のチーズは常温保存がきくほどの保存料が含まれていることを知っておく必要があります。



              マカダミアナッツ
               
              まだ原因物質や因果関係は特定されていないようですが、虚脱、沈うつ、嘔吐、運動失調、震え、高熱がみられます。



              ぶどう、レーズン
               
              直接の毒性原因及び因果関係は特定できていませんが、糖分の過剰摂取により腎臓に悪い影響を及ぼし、嘔吐を起すことにより過度の脱水を経て、急性腎不全に陥る可能性があります。



              キシリトール(ペット用ガムにも使用されている)
               
              犬はキシリトール摂取により、インスリン過剰分泌を起こし、血糖値が急激に低下するため、低血糖、肝障害を起こします。



              レバー

               ビタミンAを多く含んでいるので、連日たくさん与えすぎるとビタミンA中毒(骨や関節痛、視力障害、脱毛)になります。

               



              日常での応急処置

              2016.01.17 Sunday
              0
                JUGEMテーマ:わんこ

                ”邪

                シャンプー後、そのままにしておくと、風邪をひいてしまったりすることがあります。
                鼻がたれていたり、熱っぽかったり、せきをしているようならば要注意です。
                温かくしてあげることが大切です。
                咳があまりひどいようだったり、老犬の場合は悪化することもありますから、病院へつれていくことです。


                △韻、出血

                小さなケガの程度ならば、犬は自分でなめて処理してしまいますが、出血がひどいようならば、とにかく止血をして下さい。
                傷口にガラスなどの異物が入っていないかどうか確認してから、消毒液をかけ、圧力をかけるようにして包帯などを巻き、
                また傷口よりも心臓に近い部分も縛り止血します。
                長時間の素人の止血はあまり良くないので、15分ごとに2分ずつぐらい止血場所を緩め、止血をしたまま病院へ。


                C翔

                お腹を下していたり、吐いていたら、出血していないかどうか確認します。
                出血しているようならば、獣医さんへ。
                また、ドックフードなどは腐敗に注意して保管します。
                散歩途中の拾い食いなどもさせないようにしましょう。
                中毒で恐ろしいものに、農薬や殺虫剤、漂白剤、たばこ、蚊取り線香などの毒物があります。
                犬が決して口にすることのないよう、厳重に保管してください。
                飲みこんでしまって、犬が中毒の症状を起こしていたら、その飲みこんだものや、入れ物などと、吐瀉物をもって、大至急病院にかけこみます。


                で中症・日射病

                夏の暑いときに、犬が息を荒くぐったりした様子で、ともすれば失禁がみられるようならば、この病気である可能性があります。
                とにかく水をかけるなどして体温を下げてあげるようにします。
                それから早めに病院に連れて行きます。
                常日頃から真夏には犬にとって涼しく快適にすごせる日陰などを作っておいてあげることが大切です。
                また、車のなかや閉め切った部屋に置き去りにしておくのは言語道断です。
                夏季は歩も朝や夕方以降に行いましょう。


                ト酲

                肥満すなわち病気ではないのですが、心臓、肝臓、すい臓、糖尿病、関節や皮膚のトラブルなど、多くの病気の原因になります。
                肥満の原因は食事のとりすぎと運動不足です。
                とくに食事は飼い主が可愛いから、つい、と過剰にあたえすぎてしまうもの。
                しかし、それでは犬のためにはなりません。
                栄養バランスがよく低カロリーのフードに替えてあげましょう。
                極端に肥満になっている犬はすでに何らかの病気である可能性があります。
                突然運動などをはじめると、体に負担になりますから、
                動物病院で健康診断とダイエットの相談をするのもいいでしょう。


                Δ笋韻

                とにかく冷やします。
                患部をなめさせないようにしましょう。
                広範囲だったりひどいようなら、すぐ獣医さんへ。




                 


                犬の耳掃除の方法

                2016.01.19 Tuesday
                0
                  JUGEMテーマ:わんこ

                  犬の耳掃除の方法


                  頭をしっかり固定する
                  ⊆の中に生えている毛は取り除く
                  L碧世録祐嵳僂里發里任茲い、細めのものを選ぶ
                  ぬ碧世砲湯かオイルをつけて耳の内側から中まで丁寧に掃除する
                  イ澆┐覆い箸海蹐蓮鼓膜や外耳道を傷つけることがあるので、みえる範囲を掃除する
                  耳掃除をする間隔は、10日間から2週間に1回

                  しっかり掃除したいときは獣医師に気軽にお願いしましょう。