<< 犬が食べないように注意するもの | main | 日常での応急処置 >>

犬に与えてはいけない食品

2016.01.17 Sunday
0
    JUGEMテーマ:わんこ
     

    ネギ、タマネギ、ニラ、ニンニクの類

     ネギ類に含まれるアリルプロピルジスルファイドという成分によって赤血球が破壊され、溶血性貧血が引き起こされます。
    中毒症状としては、下痢や嘔吐、血色素尿(紅茶のような色の尿)の排泄、黄疸、歯茎が白くなるなどの症状がみられます。
    この成分は加熱によっても破壊されず、スープや煮汁に溶け出すので、見かけ上これらの野菜が入っていなくても注意が必要です。
    中毒量にはイヌ・ネコも個体差がありますが、体重1kgあたり15~20gと言われています。
    微量でも反応する子や多少食べても平気な子もいます。
    基本的には与えないに越した事はないでしょう。



    カカオ(チョコレート・ココア)

     カカオに含まれるテオブロミンという物質によって中毒症状を起こし、嘔吐・下痢・動悸・興奮・ふるえ・昏睡・けいれん・多尿などの症状が出ます。
    カフェインと似た構造をもちます。


    カフェイン(コーヒー・紅茶)

     犬がカフェインを摂取すると、チョコレート(カカオ)と同じような症状が出ます。
    カフェインを含有する、紅茶やコーヒー、ココアなどは与えないようにしてください。


    ジャガイモ(芽・表皮)

     ソラニンというステロイドアルカロイドが含まれます。
    特に家庭菜園などの小型には含有量が多く注意が必要です。未成熟なトマトにも含有されます。



    生の豚肉
     
    生の豚肉には、トキソプラズマ原虫やアニサキスなどの寄生虫がいる可能性があります。
    加熱調理が必要です。



    魚介類(エビ、カニ、イカ、タコ、貝類)
     
    生の魚介類の内臓には、ビタミンB1を破壊するチアミナーゼという酵素が含まれている可能性があるため、ビタミンB1欠乏症になる恐れがあります。
    この酵素は熱によって破壊されるので、過熱してあれば問題ありません。
    しかしこのような食べ物は、加工していない場合消化が悪いため、胃腸に負担がかかり下痢や嘔吐の原因になるので、与えないほうがよいでしょう。



    鳥、魚などの硬い骨
     
    骨が裂けた部分が尖って、内臓や消火器にささって傷つける場合があります。
    火を通していない生の状態なら、表面が滑らかで大丈夫なようです。
    火を通した魚の骨なども、注意した方がいいでしょう。



    生卵の白身
     
    卵白に含まれるアビジンという物質によってビオチン欠乏症になり、皮膚炎、食欲不振、疲労・脱毛といった症状が出ます。
    黄身をいっしょにあげれば、この症状は出ません。
    また加工されていれば問題ありません。


    人間用に調味した食べ物すべて
     
    塩分、糖分その他ペットには必要のない成分がたくさん含まれています。
    最後に辛いのはペットです。欲しがってもあげないのが優しさです。



    塩分
     
    犬は汗をほとんどかかないので、体内の塩分の調整ができません。
    人間用に調味した食べ物や、ポテトチップスなどの塩分の高いものは与えないようにしてください。
    ミネラル分を補給するためにドッグフードに微量配合されている天然塩は問題ありません。



    糖分
     
    犬はおかしやケーキなどの甘いものが大好きなので欲しがりますが、糖尿病や肥満の原因になりますので与えないようにしてください。
    人間用に調味した食べ物は与えないでください。


    香辛料
     犬は香辛料が好きではありませんし、栄養的にも必要ありません。
    下痢をする可能性もありますし、胃を刺激し肝臓や腎臓に悪影響を及ぼす可能性がありますので与えないようにしてください。



    乳製品(人間用)
     
    犬は、牛乳に含まれるラクターゼという酵素を持っていませんので、消化不良による下痢が起こる可能性があります。
    同じ理由でヨーグルトもお勧めできません。
    チーズは嗜好性が高いですが、人間用は塩分が高いのであげないで下さい。
    どうしても給餌したい場合は犬用の物を利用して下さい。
    ただし犬用のチーズは常温保存がきくほどの保存料が含まれていることを知っておく必要があります。



    マカダミアナッツ
     
    まだ原因物質や因果関係は特定されていないようですが、虚脱、沈うつ、嘔吐、運動失調、震え、高熱がみられます。



    ぶどう、レーズン
     
    直接の毒性原因及び因果関係は特定できていませんが、糖分の過剰摂取により腎臓に悪い影響を及ぼし、嘔吐を起すことにより過度の脱水を経て、急性腎不全に陥る可能性があります。



    キシリトール(ペット用ガムにも使用されている)
     
    犬はキシリトール摂取により、インスリン過剰分泌を起こし、血糖値が急激に低下するため、低血糖、肝障害を起こします。



    レバー

     ビタミンAを多く含んでいるので、連日たくさん与えすぎるとビタミンA中毒(骨や関節痛、視力障害、脱毛)になります。

     



    コメント
    コメントする









    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    2008JUGEMキャラコングランプリ
    キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」