<< 目の病気 | main | 耳の病気 >>

目の病気

2016.01.19 Tuesday
0
    JUGEMテーマ:わんこ

    $芭骸陝覆気鵑蠅紊Δ靴紂

    眼瞼の皮下に球状のこりこりしたものが触れます。
    放っておいて吸収されるものと大きくなって破れる場合があります。
    患部が赤くなって腫れ、浮腫、流涙を伴うために目をこすったりし、脱毛します。
    マイボーム腺という脂腺の慢性肉芽性炎症で眼板腺の分泌物の貯留が原因でおこります。
    貯留物を完全に除去することが必要です。


    ⊇嵋賚出症・チェリーアイ(しゅんまくろしゅつしょう・ちぇりーあい)

    両目の内側のほうのまぶたと眼球の間に見える膜状の組織が瞬膜です。
    それが目頭から外に突き出して赤く腫れます。
    それがチェリーに似ているので一般に『チェリーアイ』と呼びます。
    目頭に不快感があるために目をこすってしまって結膜炎や角膜炎をおこすことがあります。
    ほとんどが先天的な瞬膜の異常によるものです。


    b面嗟霎症・睫毛重生症(しょうもうらんせいしょう・しょうもうじゅうせいしょう)

    睫毛「まつげ」が異常に発生し、角膜に向かって異常な角度で接すると、つねに角膜を物理的に刺激します。
    その結果、疼痛や流涙過多をひきおこし、慢性化すると角膜上皮の剥離が生じ角膜炎や角膜潰瘍の原因になります。
    トイプードル、ペキニーズ、イングリッシュブルドッグなどによくみられます。


    た聞埓網膜萎縮(しんこうせいもうまくいしゅく)


    先天性(原発性)網膜症と後天性網膜症に分類され、前者はび慢性(広汎性)進行性網膜萎縮と中心性進行性網膜萎縮に、後者は栄養性、外傷性、炎症性網膜萎縮などに大別されます。
    び慢性進行性網膜萎縮では、初期には桿体(かんたい)の変性による夜間の視力障害が主で、病状の進行に伴う錐体(すいたい)の変性により、昼夜間ともに視力障害・喪失を呈するようになります。
    また、瞳孔(どうこう)の散大、白内障などが観察されることもあります。
    中心性進行性網膜萎縮では視力障害の程度は軽く、辺縁部の網膜は残存するため、視力は維持される場合が多いです。

    アイリッシュセッター、ラブラドールレトリーバー、ミニチュアプードルなどに多いようです。
    び慢性進行性網膜萎縮は広汎な網膜変性の認められるもので、中心性進行性網膜萎縮は狩猟犬や使役犬に多いとされています。
    色素上皮の変性を伴うことが多いですが、基本的には同一の疾患と考えられます。


    タ聞埓網膜萎縮/網膜剥離(しんこうせいもうまくいしゅく・もうまくはくり)

    進行性網膜萎縮や網膜剥離などの網膜の疾患は、結膜炎あるいは角膜炎など他のさまざまな眼疾患と比較して、その発症頻度は高いものででありませんが、視力の低下あるいは進行した場合には視力の喪失(盲目)をひきおこす重要な疾患です。
    視力の低下や喪失は飼い主にとっても多大な負担を強いることとなるため、これらの疾患は注意を要します。
    進行性網膜萎縮は光受容器障害を伴った網膜の変性(変性性網膜症)により、網膜が萎縮する症候群のひとつで、その多くは遺伝性です。
    一方、網膜剥離はさまざまな原因により神経細胞などの存在する神経網膜が、色素上皮層から剥離(はがれた)した状態です。


    深層性角膜炎(しんそうせいかくまくえん)

    表層性角膜炎に対して角膜の深層、深部におこる炎症をいいます。

     



    コメント
    コメントする









    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    2008JUGEMキャラコングランプリ
    キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」