<< 口内の病気 | main | 消化器の病気(肝臓の病気、下痢を含む) >>

消化器の病気(肝臓の病気、下痢を含む)

2016.01.19 Tuesday
0
    JUGEMテーマ:わんこ

    ^瀋掾隋覆いいよう)

    たびたび嘔吐します。
    吐いたものには、血が混ざっている(吐血)ので茶色・コーヒー色になります。
    便の中に血が混ざっている時もあります。
    胃潰瘍の時は茶色の嘔吐物ですが、真っ赤な嘔吐物(喀血)の場合は肺から出血している可能性もあるので、吐いたものの色を、よく注意してみるようにしましょう。
    ひどくなると、胃に穴が開いて死亡することもあります。

    一般的には環境の変化や外傷、気温などによるストレス、心臓疾患、尿毒症、腫瘍、胃内に入ってしまった異物による物理的刺激などでおこります。
    とくに、尿毒症(腎不全)、細菌感染症、皮膚などの肥満細胞腫では、胃液分泌が亢進するために高い確率で胃潰瘍が発生します。

    【治療】
    原因となる腫瘍を切除して治します。
    軽傷の場合は、胃酸を抑制するための、制酸薬、H2ブロッカーを投与します。
    重症の場合は、潰瘍部分を取り除く手術を行います。

    胃拡張
    胃拡張の症状は腹痛があり、よだれ、嘔吐、げっぷ、お水を大量に飲んだりします。
    捻転を伴った場合には、食道と幽門がふさがってしまいガスがたまって胃が異常に膨らんでしまいます。
    吐き気をもよおす状態が続くものの、ふさがっているために吐けず努力性呼吸、チアノーゼ、脈圧が低下するなどのショック症状をおこします。
    そのまま放っておくと、数時間で死亡してしまいます。
    急性的に胃が大きく膨らんでしまったためにおこります。


    0瀁嬰勝覆い佑鵑討鵝

    おなかが膨れた感じになり、呼吸が苦しそうになります。
    また、よだれの量が増えてきます。
    いつもと違う様子でうろうろ歩いたり、おなかの部分を触ると痛がったりして、吐こうとしているが吐けない状態が続きます。

    胃内のガスが発酵して、拡張してしまった胃がねじれる状態が胃捻転です。
    胃捻転の原因は、食餌をすごいスピードで食べて、大量の水を飲むことで起きやすくなります。
    食欲旺盛な犬や育ち盛りの子犬、グレート・デンやスタンダード・プードル、ボクサー、秋田犬、ジャーマンシェパードドッグ、セントバーナード、ドーベルマンなどの大型犬・超大型犬に起こりやすい病気です。

    【治療】
    すぐに動物病院へ連れていってください。
    胃捻転であれば、一刻も早い手術が必要です。

    【予防】
    食餌の量は一定にして、1日2.3回に分けて与えましょう。
    新鮮な水を常に置いておき、一気にガブ飲みさせないようにしましょう。
    また、食べてすぐの運動は避けましょう。

    ぅΕぅ襯垢砲茲覯捨 覆Δい襪垢砲茲襪欧蝓
    ウイルスが胃腸に感染してウイルス性胃腸炎をおこすと、出血を伴う下痢が発現します。
    下痢以外に食欲廃絶、嘔吐、腹痛、発熱、脱水などを合併します。

    ゲ餘▲悒襯縫◆覆┐い鵑悗襪砲◆
    去勢をしていない高齢のオスに多くみられます。
    排便障害や排尿障害があり、排便困難による慢性の便秘や、肛門の外側が腫れてしまいます。
    ひどいときには、死に至ることもあります。
    前立腺肥大やホルモンのバランスが悪くなることによって、便が出にくくなってしまい、力んで便をするようになります。
    そのために、大腸が会陰部(肛門と陰嚢の間)からヘルニアをおこしてしまって、腹部組織が突出してふくらんでしまうものです。直腸憩室を併発している場合が多いです。
    排便のために接続的な怒責を認めますが、直腸憩室のために正常な排便ができず、少量の軟便または水様便を少量排出するだけのことが多いです。
    外見上、肛門の脇が大きく膨隆していますが、手指で押しても痛がることは少なく腹腔側へ収まります。
    膀胱が脱出し、尿道が屈曲して閉塞すると尿閉をおこします。
    遺伝性およびホルモンのアンバランスが原因として考えられていますが不明な部分が多いようです。
    いずれにしても、雄に多く男性ホルモンであるアンドロゲンの上昇が関与します。
    一般に5.6歳齢以上の雄犬に多く発生して、雌ではまれです。

    Υ留蝓覆んえん)

    急性肝炎になると肝臓の機能が障害されるために、食欲不振や嘔吐、下痢がみられます。
    また、胆管細胞が障害されてしまうと目や口の中、体に黄疸が出ます。
    黄疸が出るようになったら病気はかなり進行している状態です。
    慢性肝炎では、元気がなくなったり食欲不振などがみられますが、特有の症状はありません。
    急性肝炎は、犬アデノウイルス型などのウイルスやレプトスピラ、サルモネラなどの細菌、クリプトコッカスなどの真菌、トキソプラズマなどの原虫、犬糸状虫などの寄生虫の感染による感染性肝炎と重金属などの化学物質、麻酔薬、カビ毒などの生物学的物質による中毒性肝炎に分けられます。
    慢性肝炎は急性肝炎から継発するものが少なくありませんが、原因が分からない事も多いものです。

    【治療】
    まず、原因を取り除くことです。
    中毒なら、化学物質を中和したりして解毒させます。
    薬の投与は止めます。
    細菌やウイルスが原因の場合は、抗生物質などで原因菌を退治します。
    肝炎の治療としては、まず、安静と食餌が基本です。
    薬物治療としては、肝臓の細胞を強くするビタミン剤、たんぱく質などを投与します。

    Т旅妬僉覆んこうへん)
    初期では元気がなかったり、食欲がない、下痢や便秘などの症状があります。
    病気が進行してくると食欲廃絶、痛みや黄疸、腹水などの症状があらわれて、死亡することもあります。
    肝臓に繊維組織が増えて硬くなってしまいます。
    そのために肝細胞がゆっくりと壊れていって肝機能が低下します。
    フィラリア症の末期にもみられます。

    ┫梁,ん(かんぞうがん)
    肝細胞から発生する肝細胞がんは、肝硬変の肝臓に認められることがしばしばあります。
    また、肝内胆管上皮から発生する胆管がんも知られています。
    いずれも腎臓、脾臓、リンパ節などの肝外転移がおこりやすいです。

    寄生虫による下痢(きせいちゅうによるげり)
    便の色調が変化ことはあまりありませんが寄生虫種によっては血液ないし粘血が混じることがあります。
    寄生が長びくと下痢が長期にわたり栄養状態が悪化するので糞便検査が必要です。

    吸収不良性症候群(きゅうしゅうふりょうせいしょうこうぐん)
    各種の栄養素の消化吸収障害のため、慢性的な下痢、体重減少、貧血などの低栄養状態を示す病態をいいます。たとえば小麦などに含まれるグルテンが原因で生じる吸収不良、腸炎などが原因の脂肪吸収障害、膵臓疾患による消化酵素分泌障害に由来する消化障害性吸収不良などがあります。
    犬種としてはジャーマンシェパードに好発するといわれています。

    急性胃炎(きゅうせいいえん)

    痛みのために腹部が緊張して、激しい嘔吐をくりかえすのが特徴です。
    水を飲んでも吐く状態が続き脱水症状が起こります。
    時には、嘔吐物の中に、血が混じることもあります。
    吐くものがなくても吐く動作(吐気)をします。

    胃の内側の粘膜が炎症を起こす病気です。
    腐敗した食べ物や、ごみなどの異物、農薬や化学薬品などの毒物が原因で起こります。
    伝染性肝炎やジステンバー、パルボウイルス感染症などの急性の伝染病も原因になります。

    【治療】
    症状によって治療法が異なります。
    嘔吐をくりかえすと体内の水分がなくなり、脱水状態になります。
    ひどい脱水状態になった時は、点滴などで輸液を行います。
    脱水状態が軽度の場合は、絶食をさせて様子をみます。
    異物などによる嘔吐の場合は、異物を取り除くのが先決です。
    いずれにしても、早い治療が大切です。

    急性膵炎(きゅうせいすいえん)
    食欲不振になって、下痢(血様)や嘔吐をします。
    下痢便はかなり臭いがきつく、血が混ざっていて犬はひどいお腹の痛みで横になることができません。
    ひどくなるとショック状態になってしまい、死亡することもあります。
    膵液の働きが活発になるために、膵臓自体が消化されてしまう病気です。
    含有量の多い食事を摂取している肥満の中年齢層の犬に多く発症します。

    巨大結腸症(きょだいけっちょうしょう)
    水様便や泥状便を少量ずつ排泄しますが、慢性の便秘が続くために結腸が極端に拡張して、お腹が異常に膨らみます。腹圧が高くなければ、触診で硬いうんちを確認できるそうです。
    一般的には、食欲の低下、倦怠感、便秘に伴う中毒症状(嘔吐など)がみられます。
    経過に伴って削痩します。
    先天性では、結腸の神経節の分布が先天的に欠如しているために、結腸に糞がたまると異常に拡張してしまいます。後天性では、便秘をおこしやすい食事をたくさんあげたり、ストレスを与えてしまう環境、肛門のつまりが原因の排便障害、神経・内分泌・代謝性の病気などが原因でおこります。

    巨大食道症(きょだいしょくどうしょう)
    食道が正常に機能しないために、食べたものをうまく胃まで運ぶ事が出来ない状態です。
    遺伝性のものです。
    この病気の特徴は水や食べ物を飛ばすように吐きます。
    特に注意したいことは、その食べ物の一部が肺に入って吸引性の肺炎をおこすことが多い点です。
    一般の肺炎と同じように、熱が出や咳が出てひどい場合には死亡することもあります。
    何らかの原因によって食道が大きく広がった状態です。
    原因不明の突発性のものと、何らかの病気が原因でおこる場合とがあります。
    離乳直後の子犬が固形物をもどす場合であれば、先天的に心臓血管系の異常があり、食道に食べ物がからみついて通過しにくいという例が多いです。
    またそのほかに食道炎や食道狭窄、食道腫瘍、食道に入った異物などが原因になることもあります。

    肛門周囲婁孔(こうもんしゅういろうこう)

    原因は明確ではありませんが、次のような原因が考えられています。
    肛門周囲の換気が悪く、つねに便などの汚物によって湿潤して非衛生的環境にあると、その部位にある毛包や汗腺炎に細菌感染がおこり皮膚炎がおこります。
    毛嚢炎や汗腺炎が進行して膿瘍が形成されると、慢性経過のうちに皮膚に穴が開き異臭を放つ膿性の液体をつねに排出するようになります。
    この状態を化膿性婁孔と呼びますが婁孔(ろうこう)とは化膿菌毒性によって組織が欠損し、皮膚表面に通じている孔を示します。
    この疾患の場合、婁孔が多数開口し、おのおのがアリの巣のようにつながるようになります。
    その状態がさらに進行すると、婁孔は皮下組織、筋肉へと深部にまでおよび直腸や腹腔にまで達するようになります。

    【症状】
    肛門周囲婁孔の犬は、肛門周囲をしきりになめ、肛門を中心とした会陰部付近から腐敗臭を放つ膿性分泌を認めます。排便困難、便秘をおこし、尻を地面にこすりつけます。
    この疾患が進行すると、発熱、便の失禁、しぶり、下痢、食欲不振、体重減少などの症状を現します。

    発生頻度に性差はないですが、幼若犬および老齢犬にはほとんどみられません。
    ジャーマンシェパードドッグのように尾が太く垂れ下がり、肛門周囲の換気が悪くしめった状態にある犬に発生しやすいです。まれに、セッター、グレート・デン、ラブラドールレトリーバーなどにみられます。


    井衞臟恒蝓覆海Δ發鵑里Δ┐鵝
    軽症では、おしりを地面にこすりつけたり、頻繁に舐めたり、自分のしっぽを追いかけてぐるぐる回ったりする動作をします。ひどくなると,肛門嚢という肛門の両側にある袋状の小さな嚢が腫れて、破れてしまって痛みを生じます。
    さらに細菌に感染してしまうと、化膿したり、膿瘍となり膿や血液を排出します。
    肛門嚢にはにおいのある分泌物をつくって、糞に固有のにおいをつけたり、恐怖や危険を感じた時に排出する犬もいます。炎症などで排出する管がふさがっていると、その肛門嚢の分泌物が異常に濃くなったり、化膿したりします。

     



    コメント
    コメントする









    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    2008JUGEMキャラコングランプリ
    キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」