<< 疥癬(カイセン) | main | 真菌症(しんきんしょう) >>

一般細菌感染

2016.01.20 Wednesday
0
    JUGEMテーマ:わんこ

    ペットの皮膚が化膿していたり、異状を見つけたら要注意です。
    ペットの皮膚が化膿していたり、細菌性の皮膚病にかかって細菌感染していたら、動物である人間にも感染する可能性があります。
    人間だから関係ない、なんて思っていたら大間違いです。
    どの細菌が動物に感染する細菌で、どの細菌が人間に感染する細菌といったように、動物に感染する細菌と人に感染する細菌を区別することは難しいのが実情です。
    もしペットが細菌性の疾患にかかっていたら、疾患の部分にかなりの量の細菌が存在するので、注意が必要です。
    乳幼児やお年寄り、病中病後のように体力の落ちているときには特に注意が必要です。



    ★気をつけたいこと
    ・ペットの世話するときには、汚物に直接触らない
    ・汚物はできるだけ早くかたずけること
    ・捨てることができないものの場合は、消毒薬で消毒することが必要な場合もあります。専門家の指導を必ず受けること
    ・世話をしたあとで、手をよく洗うこと、特に、料理をする前には十分に手を洗ってください。薬用せっけんで洗うことをおすすめします。


    コメント
    コメントする









    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    2008JUGEMキャラコングランプリ
    キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」