<< 一般細菌感染 | main | カンピロバクター症 >>

真菌症(しんきんしょう)

2016.01.20 Wednesday
0
    JUGEMテーマ:わんこ

    たかがカビと甘く見てはいけません。ペットの皮膚がおかしいなら要注意です。
    真菌はカビのことです。
    真菌には、大きく分けて、糸状菌と酵母があります。
    人間にとって気をつけたいのは、皮膚糸状菌感染症です。
    これは、水虫と同じ仲間の菌が感染して起こる病気で、動物の場合、人間の足などを中心に起こる水虫と異なり、体のどの部分にでもでてきます。
    円形の皮膚病変、特に病変部の周囲がリング状に少し盛り上がっていると、糸状菌に感染した可能性があります。
    動物の場合、それほど病変部は、はっきりしていないのに、良く調べると、全身に糸状菌が感染していることもあります。
    また、糸状菌とは別に、酵母菌に属する菌の感染もチェックが必要です。
    真菌症は、治療が難しい病気ではありませんが、皮膚に異常が見られなくなっても、真菌の感染が完全になくなるまで、治療を続けることが必要です。



    ★予防するには
    ・動物の皮膚がおかしいと思ったら、まず動物病院でチェックしてもらいましょう。
    もし感染していたら、体力のない乳幼児やお年寄り、病中、病後の方は、そのペットと接触するのを避けましょう。


    コメント
    コメントする









    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    2008JUGEMキャラコングランプリ
    キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」