多くの犬は食事アレルギーを起こさない

2016.01.16 Saturday
0
    JUGEMテーマ:わんこ
     

    米国のウイリアム・ポラック獣医は505匹の犬(31品種)と83匹の猫(5品種)で実験を行いました。

    実験に参加した全ての犬と猫は一般的なアレルギー症状を示していました。
    掻痒、脱毛症、落屑、脂漏症、過角化症、そして慢性的に噛んだりなめたりする問題。
    参加した犬と猫は12ヶ月間、新鮮で自然で完全な食材(生のものや料理されたもの)と、高品質のキブル(粒)を与えられました。
    アレルギー用の薬剤は、テストの最低1ヶ月前から止めました。

    驚くことに、505匹の犬のうち88%は3ヶ月のうちに80%のアレルギー反応がなくなり、6ヶ月時点ではその数値が91%になり、12ヶ月時点では94%になりました。
    猫の場合は78%が6ヶ月のうちに70〜80%の治りが見られ、それが9ヶ月では80%、12ヶ月では84%になりました。
    この臨床実験で分かったことは、一般的に見られる犬の病気の74.7%、そして一般に見られる猫の病気の63%は、医療的な治療をしなくても治すことができるということです。


    つまり12ヶ月間かけて食事の品質を上げることで治せるということです。
    これらの動物に見られていた症状は、食事アレルギーのせいにすることもできたでしょう。
    実際、多くの場合はそのせいにされます。
    しかしこの結果から見られるように、この動物たちは食事アレルギーを持っていたのではなく、低品質でバランスの悪い食事に反応を起こしていました。


    犬は極まれにしか食事アレルギーを起こさないことが何度も証明されています。
    不必要な「アレルギー治療」は出費がかさむだけでなく、ペットの健康を損ないます。
    そしてアレルギー用の薬剤により体内のシステムが壊されたり、処方食などにより本来の健康に必要な食材が与えられない場合があります。
    これは悪循環です。この「治療」はペットの健康を損なうためさらに他の症状を引き起こし、この新しい症状はさらに「治療」を要し、悪循環は永遠に続きます。


    この悪循環を止めるためには、愛犬を健康な状態に戻すことです。
    完全で自然、そして人間の食材からの原材料を使ったフードを与えるべきです。
    残念ながら、市場に出ているフードの多くはそこまで品質が良くありません。
    ペットフードメーカーはこれまで長い間、品質よりも利益を第一に置いてきたので、既にペットにはその影響が出てきています。
    飼い主としてまずやるべきことは、市場にでているペットフードを比較して良い選択をすることでしょう。
    プレミアムドッグフードは化学薬品、副産物、増量材を使わず、人間の食材のみを使用しています。


     



    ドッグフードの脂肪率は17%から20%がベスト

    2016.01.16 Saturday
    0
      JUGEMテーマ:わんこ
       

      年齢に関係なく、愛犬にとって脂肪を摂ることは大切です。

      最適な脂肪分レベルは17%〜20%です。
      しかし、脂肪を摂取しても低品質のタンパク質と一緒に摂ってしまうと下痢の原因になります。
      ほとんどのメーカーは、この下痢を「とめる」ためにビートパルプを加えます。
      これは高品質のタンパク質を購入することよりも安価なのです。
      ビートパルプは大便を硬くしますが、ビートパルプなどで硬くなった大便は健康な大便ではないのです。
      通じが痛くて、腸内にダメージを与えることがあります。

      シニア用ドッグフードも注意して見なければなりません。
      シニア用ドッグフードは必要なレベルの脂肪分がなく、ときには8%程度しかないこともあります。
      これは人間であれば、お年寄りに「元気でいてね」と言ってパンと水しか与えないようなものです。
      愛犬はエネルギーのために脂肪分を燃焼します。


      愛犬は脂肪で太ることはありませんが、炭水化物では簡単に太ります。
      炭水化物の燃焼は脂肪燃焼を阻止し、結果的に脂肪分をため込むことになります。
      見てみると、ほとんどの老体用フードは低品質の増量材、副産物、保存料、ビートパルプなどでいっぱいの「質の悪いシリアル」です。
      (増量材とは、「グルテン(Gluten Meat)」、「ぬか(Bran)」、「殻(Hulls)」「粉(Flour)」で終わるような炭水化物源です)
      これらは健康を損なうような原材料です。
      良い栄養を摂ることが極めて重要な時期なのに健康を損なうおそれのある物を与えてよいものでしょうか。


      ペットフードメーカーはシニア用フードやダイエットフードを売ることで利益を儲けています。
      なぜでしょうか?
      安価で生産できるからです。
      しかもペットは文句を言いません。
       

      健康な愛犬は健康な食事を食べています。
      あなたの愛犬にも完全で高品質な食材、バランスの良い食事が必要です。
      副産物、化学保存料、ビートパルプ、増量材などは必要ありません。
      完全で最高品質の食材(人間の食材)は、健康で長生きの愛犬の体を作ります。


      私たちの愛犬が何を食べていてどのように生きているか、しっかり調べる必要があります。
      愛犬は忠実で献身的です。
      だからこそ利益のために品質を下げることはあってはならないのです。
      プレミアムドッグフードには子犬用、シニア用などのものはありません。
      私たちは年齢に関係なく、全てのペットに健康でいてほしいと願っています。


       



      アレルギーテストの方法

      2016.01.16 Saturday
      0
        JUGEMテーマ:わんこ
         

        アレルギーの定義は、特定の物質や条件に対して過敏に反応することです。
        (同じ条件や物質を同量に摂っても一般には害がない場合)


        愛犬のアレルギーについて調べられる方は多いです。
        しかし食物アレルギーがどういうことを意味するのか、理解することが非常に重要になります。
        アレルギーを起こすと報告されたフードはたくさんありますが、その中で確認された症例は実は少ないのです。
        さらに、二つ以上の食物アレルギーを持つのは非常にまれなのです。
        それなら、なぜ愛犬の多くは一般的なアレルギー症状を起こしているのでしょうか?


        その答えを出す前に、アレルギー・テストの正確性を見る必要があります。
        アレルギーテストは二つに分けることができます。
        まずは血液テストです。

        RAST法(ラジオアレルゴソルベントテスト)と、
        ELISA法(酵素免疫測定法)です。
        二つ目は皮膚テストです。


        RAST法とELISA法は、動物から血液のサンプルをとり、その血液がアレルゲンに対して反応するかどうかを調べる方法です。
        食物アレルギーは、この方法ではとても見つけにくいものです。
        また、犬のためとなると大きな欠点があります。
        このテストは人間のために開発されたもので、犬は循環抗体が人間とは違うのです。
        したがって正確性に欠き、偽陽性の結果を起こします。
        言い換えると、アレルギーではない物質にたいしてアレルギーがあるという結果が出ます。
        この二つの血液テストのうちELISA法の方がよく使われますが、どちらの方法でも食物アレルギーの正確な結果は期待できないでしょう。


        皮膚テストというのは、動物を鎮静剤で静めて、皮膚まで毛を剃り、皮膚に少量の抗原を入れる方法です。
        そこに入った抗原に対して皮膚が反応を示すと、アレルギーを確認することができます。
        しかし、結果を正確に見極めることは難しいのです。
        まず、実際に反応を示していることを確認しなければならず、
        次にその反応が食物アレルギーだと言えるほど大きいものかどうかを見極めなければなりません。
        これらの医療テストによる食物アレルギーの発見は期待できないことが分かります。

         



        食物アレルギーを診断する方法

        2016.01.16 Saturday
        0
          JUGEMテーマ:わんこ
           

          食物アレルギーを診断方法についてお話しましょう。


          皆さんの愛犬の食物アレルギーを正確に調べるには、まず診断によってその他の可能性を全て取り除く必要があります。
          類似のアレルギー(呼吸アレルギー、ノミアレルギー、接触アレルギー、細菌アレルギーなど)や、一般的な下痢の原因を全て取り除きます。

          そして12週間ほど、蒸留水と低刺激性の食事を与えます。
          (その動物が普段は食べていないオーガニック食材を使った食事です)
          このテストの期間中は薬剤を与えません。
          なぜなら、薬剤が反応の原因である可能性もあり、また薬剤の作用がアレルギー反応を隠すこともあるからです。
          この期間が過ぎた後、以前の食材を一つずつ戻します。
          このときオーガニックの食材を使うことが重要です。
          というのは、化学薬品や低品質のフードに反応していたのかもしれないからです。


          3日たってもアレルギー反応がない場合、その食材へのアレルギーはないと判断してよいでしょう。
          反応があった場合は、すぐにその食材を与えるのをやめ、反応がなくなるまで一定期間おきます。
          反応がなくなればテストを再開します。

          不思議なことに、以前の全ての食材をもう一度与えてもアレルギー反応が出ないことがほとんどです。
          これはなぜでしょう?


          答えは簡単です。
          食材をひとつひとつ食事に戻すとき、高品質な食材を使用するからです。
          これは、動物が「食材自体」にアレルギー反応を起こしているのではなく、その食材の「品質」に反応していた証拠です。


           



          飲食行動について

          2016.01.16 Saturday
          0


            餌を食べたり水を飲んだりする行動の異常は、日常の生活の中では意外とわからないことが多いのも事実です。
            正確には量を秤で計るのですが、よほど病気のために食事制限をしているようなペットでない限り対応は難しいです。
            餌、水に混じった不純物による匂い・味によって影響を受けることもあります。
            食事量の増減は、消化器機能と中枢神経(特に、視床下部 )の機能の変化が要因となることが多いですが、全身的な異常の関与もありえます。
            水を飲む量の増減は、腎機能、下垂体 機能が関与しますが、餌同様、全身的異常の関与もあるでしょう。



            愛犬の姿勢(体位)を観察

            2016.01.16 Saturday
            0
              JUGEMテーマ:わんこ


              ヾ鵑蠅かり

              平衡感覚に障害が出た時に見られます。これも脳からきます。


              ▲タプレシー

              筋肉が硬直してしまい、不自然な姿勢を一定時間以上とり続けることをいいます。
              無理やり動かすと、次の新しい姿勢になって、また、その姿勢で固まります。
              中枢神経の病気であることが多いです。


              5立不能

              立てない状態です。
              中枢神経の病気でも起こりますが、外傷による場合もあります。


              ず属

              ろ足を折り曲げて腰を下ろし、上半身を起こした状態。
              この姿勢しか取れないようだと、どこかおかしいと疑いましょう。


              イ呂い困蟷兩

              腹這いになったまま、体をほとんど肘で支えているような状態。
              後ろ足が麻痺している可能性があります。




               


              愛犬の意識・態度を観察

              2016.01.16 Saturday
              0
                JUGEMテーマ:わんこ


                ^媼云祿

                周囲の状況に対する反応が低下している状態です。
                反射機能、呼吸・循環機能の異常が現れることがあります。
                程度が認識できる場合は以下のようになります。
                無欲・・・餌・水を摂らない。動かない。
                昏迷・・・反応が著しく低下している状態。
                昏睡・・・反応しない最高度の意識障害。


                異常興奮

                言葉で説明すると、精神的に活動が高まった状態です。
                種類が認識できる場合では、下のようになります。
                不穏・・・落ち着きがなく、そわそわした行動が続く状態。特に、内臓の痛み・異常、便意などを反映します。
                痙攣やてんかん発作の直前にも現れることがありますので注意して下さい。
                攻撃性・・・咬みついてくるなど。
                闘争・・・犬同士で攻撃すること。病気というわけではないです。
                意識高揚や過敏などの反応も見られます。


                8亀ぞ端

                比較的軽度な身体的(外傷・内臓疾患)もしくは精神的な異常で、行動が抑制され、反応・元気がない状態です。


                ず乱

                意識障害のまま行動すると錯乱です。


                ゼ動性

                されるがままという状態です。


                睡眠異常

                人間でも体調が悪いと眠りがちになります。
                特に注意する場合が、以下の症状です。
                傾眠・・・眠りがちでうとうとしている状態。
                昏眠・・・起こそうとしても起きない。
                嗜眠・・・起こしても、すぐにまた眠りに入る。


                 


                愛犬の行動

                2016.01.16 Saturday
                0
                  JUGEMテーマ:わんこ


                  ^杰

                  不自然なものを食すること。
                  慢性の消化器障害、寄生虫による病気、鉄分の不足した栄養障害で見られることがあります。


                  運動量の増減

                  精神的興奮によって、運動量が異常に増えることがあります。
                  単なる興奮ならいいですが、体内の痛みや環境からの刺激に対する反応であることもあります。
                  逆に、減少するときは、外傷、神経・筋肉の障害なども含め、病気である可能性が非常に高いです。


                  2鹽勝旋回

                  ころころ転がったり、同じ方向ばかりにぐるぐる回ったりする異常な行動は、運動機能の障害のことが多いです。
                  特に、後ろ足の麻痺、発育不良などで、前足だけの運動から生じる旋回運動を、ピヴォティングと言います。


                  ち澆・こする

                  必要以上に爪をあてて擦ること。
                  ノミ・ダニ・寄生虫や皮膚炎によることが想像されます。


                  ジ鎚鵡堝

                  新しい環境に置かれた時に、それを探索する行動のことを言います。


                  社会的行動

                  接触行動・・・2匹の犬が出会った時の、互いに臭いをかぐ、軽く触れあう行動。
                  優位性・・・群れの中で、優位性の順位が形成されます。犬や猿なんかは有名です。
                  順位の低い者は、外傷を受けたりします。


                  Э糞

                  自分の糞を食べること。
                  栄養が足りていないことが多いです。


                  ┥鐺厩堝

                  同じ行動を目的なく繰り返すものです。脳の中の大脳辺縁系 の異常が考えられます。


                  洗顔行動

                  身づくろいの一つとして、鼻や口を擦ることがありますが、鼻・口の中の不快感を表している場合があるので、気をつけて下さい。


                  痛覚過敏

                  痛みの刺激に対する過度の反応があるときのことです。奇声を発するときもあるでしょう。


                  吐物接種

                  犬は、吐いたものを食べる習性があります。
                  病気が原因で吐いたときにも摂取しようとします。


                  まひ性歩行

                  運動神経の障害で歩行がおかしい時の呼び方。
                  「よろめき歩行」「麻痺性歩行」に入らないものは、歩行異常でまとめられます。
                  足を引きずっていたりする場合です。


                  身づくろいの増減

                  正常な動物では、しばしば自分や他の動物の体を舐めたり、足で毛並みを整えたりします。
                  これは、一般的には、動物の落ち着いた気分を反映していると考えられていて、中枢神経が興奮したり抑制されたりすると頻度が増加したり減少したりします。


                  よろめき歩行

                  不安定・不規則な歩き方です。
                  異常かな?と思う足が麻痺していないか、筋肉が硬直していないか、痙攣していないかを確かめましょう。

                   




                   


                  呼吸関係の観察

                  2016.01.16 Saturday
                  0
                    JUGEMテーマ:わんこ


                    ,△び・しゃっくり

                    病気とは関係ないことが多いかも知れません。
                    薬などによる影響で頻発する時は副作用を疑って下さい。


                    △い咾

                    病気とは関係ないことが多いかも知れません。
                    病的には、瀕死状態、鼻や咽頭の腫瘍もしくは炎症が原因となることがあります。


                    4暴呼吸

                    異常に呼吸の回数が少なくなることです。


                    いしゃみ

                    風邪ひき。専門用語では、感冒と言います。
                    その他、鼻粘膜の炎症とそれに伴う滲出物の刺激でおこることが多いです。


                    ジ撞杠て

                    瀕死状態の動物に見られる息切れ状態です。
                    重度の心臓や肺の病気によって生じます。
                    中枢神経障害、肺水腫、気道の分泌物の貯留なども原因です。


                    Ω撞柯埓

                    呼吸のリズムが乱れている場合の総称です。


                    Ы末呼吸

                    口をパクパク開けて呼吸することです。最悪(最期)の状態です。


                    ┸叱撞

                    単なる深呼吸とは異なる場合です。
                    連続して深い呼吸を続け、雑音も混じります。血液が酸性になっている時に起こります。
                    代謝酸、アシドーシス が呼吸中枢に影響をあたえるために起こります。




                    病気では、咽頭炎、気管支炎、肺炎などで見られます。


                    浅呼吸

                    イヌでハッハッハッハッハッハッ、という呼吸です。異常ではありません。
                    運動後には顕著に見られます。口や軌道からの放熱反応としてみられます。
                    ただし、就寝時の浅呼吸は問題があります。


                    喘鳴

                    ゼーゼー音です。喉です。痰がつまって喀出できなで、気管が狭くなってでます。
                    喘息でもでます。


                    チェーンストーク呼吸

                    浅く遅い呼吸が次第に深く速くなって最大となり、再び浅く遅くなって停止する。
                    これを繰り返す呼吸のことを言い、死の直前に見られますので、緊急を要します。
                    原因は、呼吸中枢(脳内)の低酸素症、動脈血循環不良または低酸素血によるものが考えられます。


                    捻髪音

                    これもラッセル音の一つですが、粘り気のある音を特別に、こう呼びます。
                    気管支粘膜の腫脹(はれ)と分泌物によって、小さな気管支の内壁が密着した場合に空気が通ったら聞かれます。


                    頻呼吸

                    異常に呼吸の回数が多くなることです。


                    鼻音

                    鼻腔の閉塞、鼻の分泌物などで生じる雑音です。


                    哀咼ー呼吸

                    深い呼吸と無呼吸が交互に見られる状態です。


                    栄〕禪撞

                    鼻先だけでやっと呼吸している状態です。


                    殴薀奪札覯

                    呼吸の副雑音の総称です。
                    ヒューヒューでも、ゴボゴボでも、ゲーゲー、ピーピーなどです。
                    乾いた音は、気道内の液体が少ない場合、湿った音は気道内の液体が多い場合です。



                     


                    犬の脈の測り方、体温の測り方

                    2016.01.16 Saturday
                    0
                      JUGEMテーマ:わんこ


                      〔の取り方

                      人ではよく、手首に指を当てて、脈を取りますが、犬の場合は股関節になります。
                      後足の内側の奥の方を、指先でさぐってみましょう。
                      このあたりが一番、太い血管が表面近くをはしっているところです。
                      人間の場合でも股関節(足の付け根)に指をぐっと食い込ませると脈が取れます。
                      犬ではもっと簡単に取れます。


                      体温の測り方

                      犬の場合は直腸で計るのが、一番正確です。
                      専用のかぶせるビニールもあります。そんなに深く突っ込む必要もないですし、太いものでもないので、痛がることはありません。
                      それでも…とおっしゃる方は、「耳用体温計」などでもいいと思います。
                      でも「耳用体温計」は少し低めの温度がでるので、「耳用体温計」ではかった時の体温を常に知っておいた方が良いです。
                      日頃の健康管理の一つになります。
                      普段から体温を知っておくことはとても大切なことです。